1. 採用情報
  2. 採用ブログ
  3. ハイスピードな変化を感じられる 刺激的な環境です

採用ブログ

風土・文化

ハイスピードな変化を感じられる 刺激的な環境です

recruit_member_8_kv_pc.ec2b8b10.jpg

    2014年入社/インタビューメーカー事業本部\ 鳥越 亮

    スタジアムとの出会い

    スタジアムとの出会いは大学生の時。バイトで営業をやっていました。大学ではスキーをしたり、友達と自転車旅行したり…。楽しんでいるうちにお金が足りなくなってしまって。キャンパスから近い場所で時給が高いバイトを探していたらスタジアムの求人を見つけました。

    バイト時代はグルメ系とEC系の商材の営業を担当していました。その後、社会人になるタイミングで新規事業の立ち上げプロジェクトに正社員としてジョイン。なので新卒からずっとスタジアムで働いています。

    スタジアムで踏み出した一歩/残した足跡

    新規事業クローズ後はインタビューメーカーのカスタマーサクセスへ異動。現在はマネージャーとしてチームをまとめています。僕らの業務は、営業が受注した後に僕らのチームで引き継ぎ、導入支援はもちろん、顧客に運用方法を提案し、企業の採用フローを一緒に設計することもあります。企業の採用制度から関われる点は大きな責任とやりがいを感じますね。

    メインのミッションは導入したインタビューメーカーをきちんと使ってもらってリピート率を上げていくこと。サブのミッションはクライアントからの要望を技術側に伝え、サービス改善をつなげていくことです。技術側の改善がすぐに行われると、サービスを作っている気持ちになれるので、より一層サービス愛が深まりますね。

    スタジアムで踏み出した一歩は「とりあえず実行して考えること」です。カスタマーサクセスの仕事をはじめた時は仕事内容の枠がなく、何をすればいいかわからない状態でした。そこから「とりあえず実行して、ダメだったら変える」といったような考え方になり、自発的に動けるようになりましたね。

    今後はデータ検証をして、可能なところは自動化するとか、途中で面接が中断されているクライアントがいたら運営側にアラートがくるようにするとか、採用面接を月に何回やっていたらリピート率は何%とか、ロジックに基づいたアプローチをしていきたいです。そして新卒採用の半分以上をインタビューメーカーでおこなう世界を作れるよう、もっともっと知名度を上げていきたいですね。 recruit member 8 1 pc.105c5711

    スタジアムの自慢できるところ

    スタジアムのいいところはフットワークが軽いところ。会議で新しいオフィスを立ち上げることが決定したら、あっという間にオフィスが完成しているようなスピード感のある会社です。インタビューメーカーを通じて200社以上と関わっていますが、そんなスピード感で動いている会社は見たことないですね。太田はいい意味で社長らしくなく気さくで、なおかつ決断も行動も早いので、そのスピード感が社内全体に影響しているんじゃないかなと思います。

    職種一覧

    リンク