1. 採用情報
  2. メンバー紹介
  3. 子育てしながら新設チームの推進!両立する上で意識していること

メンバー紹介

子育てしながら新設チームの推進!両立する上で意識していること

__________________.jpg

    2019年5月入社 / インタビューメーカー事業部オンラインカスタマーサクセスグループ

    産休に入る前の業務

    インタビューメーカー事業部で、法人の新規獲得営業をしていました。主に中小企業様向けにインタビューメーカーのご紹介、採用課題解決のための運用提案などをしていました。
    産休前はとにかく「定量で結果を残す」ということに自分で注力して、普段のクライアントとの接点回数や、社内で行われるロールプレイング大会などにも全力で取り組んでいました。
    産休に入るにあたって不安に思ったことは特にはありませんでしたが、実際にスタジアム社内で産休/育休制度利用の事例をあまり聞いたことがなくて、「制度自体本当に存在するんだっけ」ってところから始まりました(笑)そこに関しては事前に当時の人事部長が面談を組んでくれて、細かに制度についてお話してくれたので、安心して制度を利用することができました。

    復職しようと思った理由

    もともと「インタビューメーカー」という商品自体にとても魅力を感じていて、「いち早く戻ってこの商品を世の中に普及させたい!」という思いが強かったからです。
    また、営業職としては初めての産休育休制度の利用者でもあったため、社内の女性メンバーだけでなく取引先や友人の中で私と同じ境遇の方にとって、復職したという私の存在自体が「励まし」になれたら、と思いました。佐藤さん

    復職してからの変化

    生活リズムが180度変わりましたね。これまでは完全に自分のタイムスケジュールで動いていて、自分の好きなタイミングでご飯を食べたり仕事に没頭できていた部分も、すべて「子供中心」になりました。子供にご飯を食べさせて遊んでお風呂に入れて寝かしつけて、そこからサクッと自分でご飯を食べてすぐ片付けて、という感じです。特に朝起きてから仕事に出るまで時間との戦いですね(笑)
    また、新たに「オンラインカスタマーサクセス」というできたばかりのチームに配属になったことも変化の1つです。育休中に、新型コロナウイルスの影響によってインタビューメーカー自体の無料プラン提供が開始されていました。新規獲得営業だけでなく、無料プラン提供中のお客様に対してのアップセルも、事業全体として必要とされていたことが異動の背景です。
    まだ比較的新しい組織ということもあり、営業とはまた一味違って業務フローやツールなど、1つ1つ整理しながら推進していくことが必要です。サポートデスク、プロダクト企画、マーケティングなど、関わる部署も多く、正確かつスピーディな判断が求められて、とても内容の濃い業務をしているなと感じています。

    子育てと仕事の両方のためにしていること

    「育児に必要なタスクを洗い出して可視化して、旦那さんと分担する」ということを徹底して、家庭内での体制を整えています。「仕事かよ!」と思われるかもしれませんが、本当にそのように明確に役割を決めないと回らなくて(笑)お互い仕事をしているので「なんでこれできてないの?」という喧嘩の時間すら勿体ないなと思ってしまいます。
    あとは土日をフル活用して一気に食事の作り置きをしたりまとめて家事をしたり、旦那さんにも育休を取ってもらって頼るところは頼ったり。子供のためにできることを全力でやっている感じですね。
    自分の中で、重要度と緊急度の軸でタスクを振り分け、重要度かつ緊急度の高い案件からしっかり終わらせて帰宅しています。また、スムーズな業務をする中で必要ツールを充足させることもためにも勉強中です。

    これからチャレンジしてみたいこと

    キャリアとしては今後リーダーになってチームを目標達成に向けてマネジメントする、ということにもトライしていきたいので、今もらっているミッションを達成して実績を残す、ということに対して注力しています。前述のように比較的新しいチームなので、その体制や手法をひとつずつ組み立てながら、課題分析~新しい打ち手考案までのPDCA(計画・実行・確認・改善)サイクルを同じチームメンバーやマネージャーと一緒に回しています。
    また、社内メンバーのメンター的ポジションになれたらいいなとも思っています。元いた営業チームと今のチームは、特に若い男性メンバーが多いのですが、結婚するメンバーもどんどん増えてきていて。今後メンバーの奥さんが出産する、となったときにその相談に乗ったり、他部署の女性メンバーとフラットに育児について会話するなど、ケアができたらいいなと思います。

    応募してくださる方へメッセージ

    ベンチャーの会社ですが育休/産休制度自体しっかりあるので安心してご利用ください!また、お休みをいただけるだけでなく、総合職の方には「出産お祝いサポート」というお祝い金がもらえる制度もあります。
    あとは、産休に入る前に「いかに結果を残すか」という部分を意識することは強くお伝えしたいです。実際にスタジアム自体、ものすごいスピードで組織体制や状況が変化していきます。自分が復帰するタイミングの組織において「この子はどこでどう活躍できそうか」という観点で見てもらえるよう『自分の武器を明確に残してから休みに入る』ということは特に営業職の女性としては最低限必要な気がしています。
    結果を出すためにはしっかりと私も会社もサポートしますので、どうぞ安心して飛び込んできてくれると嬉しいです。

    この職種に応募する

    職種一覧

    条件を絞り込み

    職種

    勤務地

    事業部

    リンク