1. 採用情報
  2. メンバー紹介
  3. 目的があるからやりきれる。前職で経営コンサルタントをしていた自分が共感した「スタジアムのビジョン」とは

メンバー紹介

目的があるからやりきれる。前職で経営コンサルタントをしていた自分が共感した「スタジアムのビジョン」とは

_56A1380.JPG

    2021年4月入社。ソリューションセールス事業部営業コンサルティング所属。

    「実行」にコミットするということ

    ――人事チームとも特にコミュニケーションの多い人なので、改めてこういう場を設けるのはなんか照れますね(笑)今日はよろしくお願いします!

    ですね(笑)お願いします!

    ――さっそく色々伺いたいことがあるのですが、まず改めて、現在の主な業務内容から教えてください。

    現在はソリューションセールス事業部の営業コンサルティングという部署で、アウトソーシング発注先(以下、クライアント)の獲得がメインミッションとなります。クライアントが考える「会社として実現したいこと」に対して、人的リソースや育成など、幅広い課題への提案を行います。
    クライアント新規獲得後、メンバーのアサインから戦略・戦術考案、営業ツールの作成や会議体の整理まで、今は幅広く携わっていますね。
    実際今請け負っている事業については、業種も領域も本当に様々で、建設、不動産、旅行、飲食など。SaaS系システムのインサイドセールスもあれば、Web媒体のフィールドセールスもあり、様々な業界の知見が必要となるポジションです。

    ――必要なスキルも知識も幅広い…!実際にどのようなクライアントから発注いただくことが多いんですか?

    企業規模関係なく、大手企業様からも、ベンチャー企業様からも発注をいただきます。「新規事業を立ち上げたいが人的リソースがない」「新規獲得やメンバーのオンボードスピードに不安がある」といった理由でお問い合わせいただくことも増えてきました。
    スタジアムは全国に拠点展開していることもあり、依頼されるクライアントの活動エリアは日本全国。関西エリアの企業様から「関東のターゲットを獲得するために発注したい」と依頼を受けることもありますし、九州エリアの企業様から「新プロダクトを地場で広げていきたい」と依頼されることもあります。

    ――クライアントの事業拡大に携われるのも、アウトソーシングの面白いところですよね。
    入社された当初からスムーズに事業推進しているイメージがあったのですが、前職は何をされていたのでしょうか?

    前職は平たく言うと経営コンサルティングのリスクマネジメント分野を専門として、様々な企業様の経営を「リスク」という観点から支援をしていました。企業経営、事業推進を進める上で、組織内・組織外に潜むリスクの洗い出し、リスク対応の支援を実行するのが主な仕事でした。新規事業を展開する中では、法規制、ルールが未整備な場合もしばしばありますので、現行の規制と照らし合わせながらも、新しい事業を展開する上でのリスクについて考えることが多くありましたね。
    その分、あらゆる業種・業態への理解があったことや、経営者目線でものごとを見る癖が付けられていたこと、その高い視座でそのクライアント企業の課題を多角的かつクリティカルに抽出できるようになれたことは、非常に大きかったと思います。プロジェクトマネージャーの経験もあったので、人を巻き込みながら推進していく、というスキルに関して、今のミッションに活かせている気はします。

    ――なるほど。逆にスタジアムで働いてみて感じる、前職との違いは何かありますか?

    前職と異なる点を挙げるとしたら、「実行にコミットする」ということですね。
    割とこれまで経営コンサルタントとして計画を作成して、実行フェーズは手離れすることが多かった中で、今は「現場で実際にどのように結果を出していくのか」「どう動かしていくのか」という実行スキルが求められています。「設計図を作る仕事」から、「設計図を作ってそれを完成させる仕事」に自分の影響範囲が大きくなったというイメージですね。毎日メンバーと試行錯誤しながら、各事業でいかに早く勝ち筋を見つけるか、というところに注力・奮闘しています。
    また、影響範囲が広くなった分、関わる関係者も多くなりました。基本的には自社メンバーのみで戦略を考案し実行するのではなく、クライアントが実現しようとしていた戦略に沿って戦術を立てる場合もあるため、その分社外の方とのやりとりも増えたり。
    自分の提案を信頼して発注してくださったクライアントのためにも、その依頼内容がしっかり果たされるよう、事業オンボードまで責任を持って見届けたいと思っています。
    一朝一夕でどうにかなるものでもないし、決して簡単なことではないですが、だからこそ面白いな、とは思います。

    ――試行錯誤の毎日ですよね。事業推進する上で大事にしていることは何かあったりしますか?

    2つあって、「自分に正直でいる」ことと、そのために「目的志向型」でいることです。
    正直でいる、という点においては、常に俯瞰して、そのありたい姿に対して「やっても意味がない」「成果が出ない」と自分が判断したものに関してはやらないですし、逆にやると決めたことに関してはとことん考え抜いてやりきる、と決めています。
    それを判断するためにはやはり「何のためにそれをするのか?」という目的が不可欠ですし、目的があるかないかだけで成果は変わってくると思います。自分の中で、「目的なき努力は危険だ」という考え方が割と強いです。目的が明確になれば、巻き込むべき人もその役割もすべて明確になりますし、周りに振り回されて仕事することはなくなります。

    ――大事ですよね。ちなみに、ご自身がそう考えるようになったのには何かきっかけがあったんですか?

    前職で関わったリーダーの存在が大きかったかもしれないですね。自分の考えが変わったのは割とここ1年ほどの話です。
    実は自分はもともとどちらかというと目的志向型というよりは「問題回避型」だったんですよね。例えば「歯を磨く」という行為に対して理由を回答するとしたら「虫歯になりたくないから」と答えるタイプ。目的志向型の方であればおそらく「白い歯を見せたいから」という、リスク回避ではなく常にプラスの目的を提示すると思うんですけど。
    そのリーダーというのは、入社時から本当に多く指導を頂いた人だったのですが、その人から、当時、私自身が抱えていた課題を相談する中で「目的志向型に変えたほうがいい」ということを指摘してもらったんです。
    本当に頼れる人で、メンバーが困ったときに最後まで見放さない、優秀な人でしたね。

    ――言われてすぐ直すとは…素直(笑)

    素直ですよ。素直さ大事(笑)

    立ち返る指針、がある

    ――きっと優秀なリーダーの元、とてもいい環境だったのでは。
     そもそもスタジアムにきてくださったきっかけや理由って何だったのでしょうか?

    「手触り感のある事業に携わりたかった」というのが転職のきっかけではありました。先ほど言ったように、前職では設計図を作っても自分自身でどうこうする、ということが少なくて、0→1の経験が少ないように感じてしまったんですよね。
    そんな中、スタジアムからダイレクトリクルーティングツールでメッセージをもらって、気軽にまずは話を聞いてみような、というところから。
    初回面談時に採用担当の方が、自分の話を聞いて真剣にキャリアを考えてくれたり、人事部長との面接で本気でアウトソーシングという業界の難しさや将来性を話してくれたりするのを目の当たりにして、「簡単じゃないだろうけどやりがいを持って働けそうだな」と思いました。
    あとは、立ち返る指針がしっかりこの会社にあったところ。

    ――立ち返る指針、とは?

    スタジアムで言うところの、「チームで熱中する」というビジョン、それから「5つの行動指針」がそれに当たります。
    前職で色んな会社に携わらせていただいた際に感じたのですが、各企業様が、課題に直面したり困ったときに何に頼るのか?でいくと、会社としてのミッションやビジョン、基本指針だったんですよね。どんな事業部でもどんな商品でも、問題にぶつかるタイミングっていうのは必ず存在すると思っていて。そんな中で「じゃあどうするんだっけ?」と考えたときに、その指針が判断軸となったり、1本の道筋になったり、ってことが多くありました。

    スタジアムは2018年に社名を「ライフノート」から「スタジアム」に変えているわけですが、面接を受ける前に「スタジアムって名前珍しいよな、スポーツっぽいな」「ロゴがなんかの足跡みたいだな」とか、社名やロゴに込められた意味を想像していたんです。
    最終面接の際に代表の太田に対して、「なぜこの社名にしたのか」「なぜこのロゴなのか」という部分はとにかく深く聞きました。
    実際に回答を聞いて、その上位概念にあるもの、つまりビジョンが事業部でもなく商品でもなく、「チームで熱中する」ということだという部分に共感できたとき、今後自分自身が働く上でも、しっかりと立ち返るものがあることの嬉しさというか、安心感みたいなものを感じました。それが理解できていればどんな仕事をしていても自身の軸がブレることはないんじゃないかと思いますし、メンバーにもしっかり伝えていきたい部分ですね。

    ――改めて、いいビジョンですよね。
    今後チームで熱中する、と考えたとき、この部署でどんなメンバーと一緒に働きたいですか?

    「器用にやろう」とするのではなく、「やり切る人」ですかね。
    自分が器用でないことをしっかりと理解できている人は、自然と「誰に聞けばいいのか」「誰を巻き込むべきなのか」に敏感な気がします。その上で、「やり切る」とは、事業推進をする上で直面する様々な難局に対して、「最大の成果を求めてやり切る」ことが重要かなと。要するに「ステークホルダーを的確に捉え、意志を持ってやりきる」ことができるメンバーと働きたいと思っています。
    あとは「俯瞰して物事を考えられる人」。
    この部署は、営業経験やスキルももちろん大事ですが、きちんと事業の全体像を把握して、常に目的を考えながら動けることが大事ですね。個人最適よりも全体最適を望む人が適していると思います。
    スタジアムには、スピード感を持って事業推進できる方が沢山います。そういった方が常に全力でアクセルを踏めるよう、ときにはブレーキ役も担いながら、事業全体を牽引できたらいいですね。

    ――最後に、この記事を見ている応募者の方にメッセージをお願いします!

    迷っているくらいならぜひエントリーを!
    スタジアムは色んなバックボーンを持ったメンバーが集まっている会社です。マッチした方がいたらぜひ一緒に働きたいと思うので、まずは説明会にお気軽にご参加ください。

    ――ありがとうございました!

    この職種に応募する

    職種一覧

    条件を絞り込み

    職種

    勤務地

    事業部

    リンク