1. 採用情報
  2. メンバー紹介
  3. 自分を抜擢してくれた人に「間違いじゃなかった」と思ってもらいたい。プロジェクトのSVとして考えるミッションへの責任感とメンバーへの願い

メンバー紹介

自分を抜擢してくれた人に「間違いじゃなかった」と思ってもらいたい。プロジェクトのSVとして考えるミッションへの責任感とメンバーへの願い

________________________INC___.jpg

    更新率ではなく掲載店舗の売上UPを

    ——改めてこんな形で1対1でゆっくりお話するのは初めてですね。今日はよろしくお願いします!

    よろしくお願いします。

    ——早速ではありますが今されている仕事内容から簡単に教えてください。

    今はデジタルソリューションセールス事業部でリーダーをしています。所属しているプロジェクトは、主にECサイトに掲載する店舗様に対して、具体的な利用方法をサポートしたり、掲載内容の提案をするチームです。「サポート」というと受け身の付き合い方を連想させてしまいますが、どちらかというと完全に能動的アプローチです。カスタマーサクセスとして、マーケットの状況や店舗様の強みを活かしながら、最適な掲載内容の提案を行うことが求められます。
    また、初めて掲載する店舗様や、昨日オープンしたという店舗様から見ると、私たち自体がそのECサイトの「顔」、つまりユーザーの第一印象が私たちの対応に委ねられます。求められるレベルも高いですね。

    ——そうなんですね。
    具体的に置かれている目標には、どのようなものがあるんですか?

    シンプルに「掲載店舗様の売上金額」ですね。
    あらかじめ置かれている売上到達基準に対して、「1年以内に○○店舗の売上◯円UPさせる」といったように、到達した店舗数と合わせてウォッチしていきます。オンボード完了率でも更新率でもなく、KGIが掲載店舗様の売上金額なので、こちらの提案力が試されます。本当に責任重大です(笑)
    売上UPのための施策を「仕込み」と表現したりするのですが、いかに的を得た仕込みになっているか、本当にその仕込みをすれば目標金額は到達するのか、日々シミュレーションしながら、店舗ご担当者様とやりとりしています。「なんとなく」の提案は一切通用しない、ある種シビアなプロジェクトだと思います。

    ——まさに店舗様のECコンサルタントですね。
    業界としても伸びている中でいくと、ご自身で課題に感じていること、大変だと感じることって何かありますか?

    目まぐるしく変化するマーケットに都度対応していくことに苦労しています(笑)季節ごとのイベントに関してもそうですし、今のトレンドをいち早くキャッチする必要もある。提案内容の精度だけでなく、そのスピードも求められます。
    実は配属後は1ヶ月程、みっちりとインプットとアウトプットを繰り返す研修があるのですが、その研修を経て現場デビューしたとしても本当にわからないことだらけ。店舗様からの質問も多岐に渡りますし、その都度チーム内で情報をアップデートし合いながら、疑問点をすぐ解消できるような仕組みを常に整えています。
    ただ、EC業界が伸びている環境下で行っているこの取組は、自分自身のスキルアップに必ず繋がると思っていますし、そこが自分のモチベーションになっています。

    ——ご自身のスキルアップ、というお話がありましたが、何か今後チャレンジしたいことはありますか?

    今の提案スキルを伸ばすこともそうですし、あとは、チームマネジメント。
    今、自分が思う理想のマネジメントがやり切れているかで言うと、そうではないと思っています。自分が思う「リーダーとしての視座の高さ」や「仕事の進め方」について、もっとこうした方がいい、こうありたいという図は思い浮かんでも、それを実行するだけの余裕が今自分で作れていないのが、とても歯痒く思うことがあります。
    メンバーが最大限パフォーマンスを発揮できるように、いつでも手を差しのべてあげられるようなマネジメントをしていきたいですね。

    ——リーダーならではの苦悩ですね。高い視座があったとしても、実行できるかでいくとまた別物。
    実際にリーダーになったのはいつ頃からでしたか?

    約2ヶ月前からです。
    ただ、自分的には「自分だから抜擢された」かでいくとそうではなくて、「たまたまそのポジションが空いたからやらせてもらっている」という感覚が正直強くて。

    ——おお。自信のなさがある、と?

    そうですね、正直まだまだだと思っています。
    ただ、だからこそ「後悔して欲しくない」と思っている部分は強いです。

    ——「後悔したくない」ではなく「して欲しくない」、なんですね?

    はい。主語は自分ではなく、「自分を抜擢してくださった方」です。
    採用面接の時も、配属後も、今も、自分に対してチャンスを与え続けてくださっている方に、常に「自分がこいつを抜擢したという判断は間違っていなかった」と思ってもらえるようにしたいんです。スタジアムで働くモチベーションというか、根幹の部分もそこにあるかもしれません。自分がきちんとその期待に応える成果を出して、その期待を超えて、自分で自立して推進できるようになりたいですね。

    ——なんか、泣ける。

    (笑)

    「チームで熱中」は綺麗ごとだと思ってた

    ——ちなみに、前職では何をされていたんでしたっけ?

    旅行代理店のカウンターセールスです。入社から4年間はカウンターセールスを経験し、その後はリゾートウェディングプランの提案を行っていました。
    ただ、新型コロナウイルスの影響を受け、業界自体が低迷してしまったことをきっかけに自分でも「新しい営業スタイルをチャレンジしてみたい」という思いが強くなりました。
    ただ、その後転職した不動産会社では、よくも悪くも自走しすぎているというか。担当拠点ごとに営業メンバーが配属される仕組みだったのですが、自分が担当した拠点はメンバーは自分一人だけ。周りに相談相手がいない中で、「本当にこれでいいのかな」と思いながら試行錯誤する日々でした。
    そこで出会ったのがスタジアムの「チームで熱中する」というタグラインでした。
    最初にいた旅行代理店でも近しいチームワークの文化があったことを思い出し、「チームで何かをやり遂げる」こと自体が、自分にとって楽しいと思える要素の一つだということも思い出しました。
    ただ、相反して最初は「チームで熱中する、なんてどうせ綺麗事でしょ」くらいに思っていたんです(笑)

    ——綺麗ごと(笑)

    「どうせ応募者を釣るための文言なんでしょ。実際は違うんでしょ」って(笑)
    お恥ずかしながら穿った見方をしていましたね。

    ただ、実際入社してみたら、ちゃんと「チーム」を感じられたんです。

    ——どんな部分で「チーム」を感じましたか?

    組織の方針やチーム内のメンバー構成について、入社1ヶ月目の自分にも声をかけて相談してくれた時、ですかね。
    割とこれまで、その類の話は上の方が決めてそれを実行する、って感じだったんです。悪くいうと「言われるがまま」みたいな。メンバーの役割やチームに対しても、自分の意見を言えることはなかったんですよね。
    それを入社1ヶ月目の自分に対しても意見を求めてくれたことで、「あ、自分から発信していいんだ」と気付けましたし、それ自体が自分たちでチームで創り上げていく、という感覚があって、とても嬉しくなったのを覚えています。
    逆に今自分がこの立場になっても、メンバーに対して、「こうしようと考えているんだけど、どう思う?」と意見を求めるようにしています。

    ——いいですね。先ほど「メンバーがパフォーマンス発揮できるようにいつでも手を差しのべたい」と仰っていましたが、メンバーには今後どうなってもらいたいですか?

    成功体験を積んで欲しい、ですね。
    そのためにまずは全員がMVP獲得を目指すこと。今のプロジェクトは月に1回、その月のハイパフォーマーを選出するMVP賞があるんです。全員等しく受賞できるチャンスがあります。「まずは1ヶ月頑張る」ことをを全員が経験していって欲しいと思っています。
    賞を獲得して、人から褒められるという経験をして、「自分にもできるんだ」と感じて、それ自体を自分の力にして成長していって欲しいなと思います。そのために自分ができることがあるなら惜しみなく協力しようと思っていますし、だからこそ、もっと自分自身のマネジメントスキルをUPさせることが必要だなと感じています。
    引き続き頑張ります。

    ——ベクトルがメンバーや「人」に向いているんですね。
    これからも応援しています!インタビューご協力ありがとうございました!

    説明会について

    スタジアムは平日毎日19:15~説明会を開催しています。

    まずはお気軽にご参加ください!

    説明会に参加する

    職種一覧

    リンク